第八病棟

匿名だから何言ってもオッケー?なブログ 主にライブレポもどき

2016年12月28日 cinema staff @新代田FEVER

f:id:a103013009:20161230211108j:plain


ライブ納めで新代田


三島くん「想像上の首、ようこそ新代田FEVERへ!俺たちが岐阜県から来ましたcinema staff、始めます!」

想像力
エゴ
大サビ前三島くんずっと手叩いてる
白い砂漠のマーチ

飯田さん「こんばんは!cinema staffです!今日は「想像上の首」というタイトルで、6年前は「想像上の辻」でした!今日のツーマン、とても楽しみにしていました!この前ここでplentyとやったときにも話したんですが、江沼とノベンバーズのライブに行く夢を見るくらい楽しみにしてました!まだ30日が残ってるけど、今日が1番楽しみです!よろしくお願いします!」

drama
小さな食卓
daybreak syndrome
辻くんがケンゴマツモトのギターフレーズに影響されてできた曲だからやったらしい
バイタルサイン
Truth under the imagination

飯田さん「ありがとうございます!今年はFEVERにたくさんお世話になりました!」
久野さん「ノベンバーズは明日もFEVERでライブということで、今日はFEVER癒着バンドのツーマンですね!」

久野さん「今回想像上の首Tシャツも作ってきていて、2サイズ展開です!もろデザインノベンバだよね この首のイラストは小林くんが書きました!辻くんが着てるやつですね!見える?…あっ辻くん小さくて見えないか」

飯田さん「ノベンバーズとは6年前にツアーを回ったんですが、浜松で辻くんが頭ぶつけて血が出て、救急車で運ばれたってこともありましたね あの時僕らはマネージャーがいなくてメンバー4人だけで、ノベンバーズのマネージャーさんが救急車の手配とかしてくれて、お金払わなきゃいけないくらいお世話になりました」
久野さん「浜松って言った瞬間笑いが起こるのやばいよ(笑)」
飯田さん「インタビューでも散々話してますからね。「今までで印象に残ってることはありますか?」みたいな質問で何百回も話してます」

三島くん「えー、本日はありがとうございます。ノベンバーズとは6年前にツアーを回ったんですが、当時僕らは金がなく、大五郎、あのケミカルな焼酎4リットルを持ってノベンバの部屋を訪れたりしてました。温泉が有名なちょっといいところで、あとでみんなで入りに行こうって言ってたのに辻くんが酔っ払って裸で一発芸を始めたという」
飯田さん「ほんとにうるさくてベランダに出して、俺らはそれを見ながら酒を飲みました。」
久野さん「辻くん、開けて〜〜!開けて〜!って窓叩いてましたね」
飯田さん「いつもは辻くん一発芸やらないのにこの日は自主的にやったから、本当はやりたいんじゃないかってこの日を境に振るようになりました」
三島くん「…という辻くんの新境地を開いたこともあったんですが、ノベンバーズは独立して独自の路線を行っていて、いわばパイオニアでして、僕たちもそれを見るたびにまた頑張ろうと思っています。ありがとうございます。」

ビハインド
返して
ニトロ
君になりたい
辻くん上手スピーカーに登る


ノベンバ小林さんは、
小林さん「浜松で…辻ちゃんが救急車で運ばれた時…辻ちゃんは恐怖と悔しさで震えてて、血まみれで。僕が貸してあげたタオルがどんどん血に染まっていくのを見て、タオルってこんなになっちゃうんだ…って」
ってMCしてました


blue…を出した時にノベンバとツーマンして回ってたから、今回はその曲ばっかりで最高だった
若干前衛懐古主義で聴いたよなぁ〜〜とも思ったけど、滅多にやらん曲も多いから嬉しい