第八病棟

匿名だから何言ってもオッケー?なブログ 主にライブレポもどき

2016年12月2日 cinema staff @寝屋川ビンテージ

f:id:a103013009:20161214230538j:plain


年内のライブレポもどきは年内に上げたくて、気が向いた時にアップするんじゃ絶対に間に合わないから頑張る


この週は4本ライブがあって東阪名福と日本縦断しました 卒論締め切り前でしんどかった…

パソコン持って行って遠征先で論文書くとかないわ……



ビンテージ、上手に螺旋階段があってそこから登場
辻くん、「ねや川」って酒の一升瓶を持ってきた

三島くん「ようこそ寝屋川vintageへ!俺たちが岐阜県から来ましたcinema staffです!」

返して
1サビで2サビの歌詞歌っちゃう飯田さん、でも即座にそれにコーラス合わせる三島くんすごい

theme of us
イントロベースソロで三島くんが真ん中に行ったけど、ステージ狭すぎて辻くんが避けるところがなくて自分のエフェクターボードまたいでた
辻くん、ステージが狭すぎて1サビ前跳べず
2A終わりのジャカジャカジャッのところだけ三島くんのところに行って向かい合って弾く辻くん
「we need P.B.」で三島くん指差して、「green guiter」でいつも通りギター掲げる辻くん

希望の残骸
三島くん、「星になったあの人に」で空指差して、大サビの「絡まった糸を解くよ」で右手バッて何かを振り切る振りしてた

飯田さん「こんばんは!cinema staffです!今日はyonigeに呼んでいただいて来ることができました!ありがとうございます!今日の公演名が「売上折半」っていうすごい感じなんだけど、皆さんが払ってくれたお金はyonigeと半分こします!」
久野さん「ねやがやビンテージ楽しんでるかー!?ねやがや…言いにくいですね」
飯田さん「ねやがやね…」
久野さん「僕たちは岐阜県出身なんですが、寝屋川と似た感じです!まぁ田舎ってことですね!」
飯田さん「商店街とかすごく懐かしい感じがしてフラフラしてたんですが、アレですね、アレ。僕たちの地元にも柳ヶ瀬商店街っていう、まぁシャッター街になってるんですが、あるんですが、似てて。まぁアレです、田舎ってことですね!」
飯田さん「辻くんの出身地なんて本当に田舎で、羽島市ってところなんですが、街灯が2km置きにしかなくて、気温も2度くらい低いっていう。そして近所にはミニストップと和菓子屋さんしかありません!」

drama
間奏でフロアにベース突き出す三島くん

小さな食卓
いたちごっこ
アウトロが3倍くらい長かった
シャドウ

飯田さん「僕たち11/30にvektor e.p.っていうシングルを出しまして、このことは三島くんに説明してもらいましょう!」
久野さん「まだチューニング中だから…」
飯田さん「タワレコとかHMVで売ってますので是非皆さん買ってください!寝屋川にあるか知らないけど!僕たちの地元岐阜にはタワレコが1店舗しかなくて、しかも岐阜駅から車で25分くらいかかるという…(車運転する真似)」

三島くん「えー、yonigeの皆さん今日はありがとうございます。寝屋川vintageって多分yonigeのホームだと思うんですが、そこにcinema staffを呼んでいただけて光栄です。最初は間接的な繋がりからでしたが、一緒にやりたいと思っていたところにお話をいただけて…。yonigeはスペシャ列伝も決まっていて、これからガンガンくるバンドだと思っていますので、こうして先物買で対バンできて嬉しいです。是非、次は我々をフックアップしていただきたい…!僕たちも地元にyonigeを呼びます!」

エゴ
イントロのカッティングの音違う?変な感じがした

世紀の発見
好きな曲だって言ってたから辻くんめちゃくちゃ嬉しそう

三島くん「グレイトエスケープ!!」
great escape

三島くん「最後の曲です!俺たちが岐阜県から来ましたcinema staffでした!」
ビハインド


ビンテージ、バーカウンターみたいなのがなくて入り口にある冷蔵庫からドリンクもらうんですね
だから、人の流れ的にもらったら外出るしかなく、でも普通にバンドマンは搬出してるからちょっと……って感じ 
いや、普通のファンなら嬉しいんだろうけど、好きなバンドだと出待ちしてる風に思われないかな〜〜〜みたいな 乙女心的な(?)