読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第八病棟

匿名だから何言ってもオッケー👌なブログ 主にライブレポもどき

2016年2月13日 BURNOUT SYNDROMES@阿倍野ロックタウン

f:id:a103013009:20161027193029j:plain


わたしが見るインディーズ最後のBURNOUT SYNDROMESでした


あんまり始まる感がない


最初は赤色のグリッターがO.A.的な感じで数曲やった
袖からニコニコ見てる石川さん その隣に裏川さんいてた

いよいよバーンアウト
最初に神戸在住アコースティックで映像が流れて、文字はテロップ
今までの軌跡 「ここで拍手する」とか字幕がある
「過去に固執するつもりも、未来に媚びるつもりもありません」がかっこいい!

SE 数学少女
うわー始まる感がやっとここで

文學少女

イントロめっちゃためる熊谷さん 気合入ってる

墜落/上昇

ピアノチューン
すごく聴きたかった曲!
石川さんのヘッドセットを固定してるテープ剥がれ始める やばい
黒ガムテープで止め始めたのには笑った
1月のセカランで「投票(ワンマンでやってほしい曲のアンケート)終わっちゃってたけどピアノチューン聴きたいです〜〜〜」って廣瀬さんに言ったら「入ってたっけな〜?昔のだからなぁ〜」って返されたからあんまり期待してなかったんだけどやってくれてうれしい!

セツナヒコウキ
石川さんの演歌語り封印、つぶやく感じ あんま聞こえなかったけど雰囲気ばっちり
熊谷さん「ベーーース!石川たいゆーーーーー!!!」→ベースソロ
ラスサビ前その土地の地名叫びがちだけどちゃんと「東京」だった これは本当にうれしかった 大事なワンマンで本来の歌詞でほんとに

MC

100万回のアイラブユー
「君がそっと閉めた 自己嫌悪のカーテン」のところでカーテン閉める真似する熊谷さん
ラスサビ コールアンドレスポンス終わりかな、石川さんが熊谷さんの背中ポンした エモい

エアギターガール

東名高速道路清水JCTを時速二〇〇キロメートル超で駆け抜けるのさ
曲名言うときハモる すごい 長いのによく…

廣瀬さん後ろのフラッグ上がって映像!
まずは阪急梅田駅 そっから神戸 
ポートアイランドとか歌詞に出てくるところが映る
文字もしっかり出てきてこれからは文学ロックバンドアピール路線なのかな?と

斜陽
熊谷さん20歳、大学辞めて弁天町の安アパートで一人暮らし、バイバイバイト 全然曲かけない中でできた曲です とのこと

ここでMステのSE
タモリ石川、熊谷さん廣瀬さんに意気込み聴いて回る
或るK大生の死
赤グリvoとコラボでした

リフレインはもう鳴らない
「明日も世界がありますように ふっ」で熊谷さん後ろの赤いランプ?が消えたらしい 友人情報 なにそれ見たかった

僕と理科室と怪物と
フラッシュめちゃくちゃ似合う 
バーンアウトにフラッシュのイメージないけど本当にかっこよかった

むー
石川さん「海を想像しながら聴いてください」
終わって熊谷さん「きれいな海でした!ありがとう!!」がいい すごく

2Aからリズム隊入る 確か 
神戸在住だった?あれ?たぶんこっち
ラスサビ前のとこ手拍子入らない方が好き 今日は入ってなかった

MC

FLY HIGH!!

ラブレター。
最新と古いのが連続で いいですねぇ

月光サンタクロース
ラスサビ前「月光世界を白く染めてくれよ (ドラムドンッ) 」で石川さんジャンプするのすごくメジャーアーティストっぽい

i am a Beethoven

en
タモリ石川再び 
ラッスンゴレライといじられ客手拍子 石川さん「いやいややらないから!」

LOSTTIME

曲入りがよすぎた あんま覚えてないけど
最後「いつか○○で見ていたあの夜空へと、この惑星?を抜け出して…ロックタウンの夜を思い出している?」って歌った?
バンドに夢見てた過去とこれからの未来へ歌ってるように思えた

熊谷さんの赤チェックのシャツ、後ろがトレンチコートみたいにリボン結びしてあってかわいい
石川さん謎服 少し和 なぜ下に長袖を着た
廣瀬さんいつも通り半袖

ヘッドセット難しいですね 汗対策しないと

以下MCとか どこで何言ったか忘れたので箇条書きです
・いつもは東京のが売れてたけど、今日は大阪ソールドアウト!やっと地元で認められた気がして嬉しい
・アンケート書いてね!東京はフライヤーに混ぜたら気づかれなくて0枚だった!
・写真撮影タイム
看板持って出てくる石川さん 
ちょっとライブ中っぽくしようや〜〜〜「今日バーンアウトのライブめっちゃ楽しかった!写真撮影オッケーだったし!」ってTwitterで呟いてもいいんやで 
ライブ中みたいな写真撮影会 やってる曲は文學少女 最初熊谷マイク間に合わんやんで熊谷さん歌ってるっぽいショットに

いやいや、ほんとうに2016年ベストなライブが2月の時点で現れてしまった

バーンアウトはもうずっと好きでライブにもしょっちゅう行ってるから感慨深いものがありました
終演後にみんな真面目にアンケート書いてるのもよかった
あ、あと学割があるのも有難いですねぇ


阿倍野ロックタウン
遠い の一言 遠いです
商業施設の中だから暇つぶしに困らなくて良い
ステージ高め