読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第八病棟

匿名だから何言ってもオッケー👌なブログ 主にライブレポもどき

2016年ライブまとめ

f:id:a103013009:20161230211956p:plain


今年行ったライブでした


★ 01/23 BURNOUT SYNDROMES / 赤色のグリッター
 『赤色のグリッター1st ALBUM 「存在証明」リリース ~心の置き場所ツアー~』 @福島LIVE SQUARE 2nd LINE
★ 01/30 ATATA 
 『WE ARE ATATA ARMY!!! IN JAPAN!!!』 @京都GATACA

★ 02/13 BURNOUT SYNDROMES 
 ラストインディーズ・ツアー『人生はストーリー』 @あべのROCK TOWN
★ 02/25 cinema staff 
 「waypoint 2016」 @赤坂BLITZ

★ 03/07 cinema staff / MOROHA / 四星球 
 『MOROHA RELEASE TOUR「上京タワーとバラ色の日々」×四星球5thフルアルバムリリースツアー「出世街道2016」』 @松本ALECX
★ 03/13 BURNOUT SYNDROMES 
 「Release Anniversary Tour~君を何処へだって連れて行く~」@FM presents『STAND UP!』@名古屋ell.FITS ALL
★ 03/18 Galileo Galilei 
 「Galileo Galilei "Sea and The Darkness" Tour 2016」 @心斎橋Music Club JANUS
★ 03/19 Galileo Galilei 
 「Galileo Galilei "Sea and The Darkness" Tour 2016」 @京都磔磔
★ 03/23 Galileo Galilei 
 「Galileo Galilei "Sea and The Darkness" Tour 2016」 @名古屋E.L.L.
★ 03/24 アカシック 
 ミニライブ @タワーレコード名古屋パルコ店

★ 04/09 BURNOUT SYNDROMES 
 インストアライブ @タワーレコード梅田NU茶屋町
★ 04/16 ONIGAWARA 
 インストアライブ @タワーレコード梅田NU茶屋町
★ 04/27 cinema staff / My Hair is Bad 
 『今宵の音楽’16』 @十三FANDANGO

★ 05/07 COMIN'KOBE @神戸
★ 05/14 四条大宮STREET LIVE JAM2016 @京都四条大宮
★ 5/21 cinema staff 
 インストアライブ @タワーレコード名古屋パルコ店
★ 5/22 cinema staff 
 インストアライブ @タワーレコード梅田NU茶屋町

★ 06/11 cinema staff 
 oneman tour 2016 “about eve” @今池BOTTOM LINE
★ 06/12 cinema staff 
 oneman tour 2016 “about eve” @心斎橋BIGCAT
★ 06/18 cinema staff 
 oneman tour 2016 “about eve” @Zepp DiverCity TOKYO
★ 06/28 BURNOUT SYNDROMES 
 「Release Anniversary Tour~君を何処へだって連れて行く~」ファイナル・シリーズ @心斎橋DROP

★ 07/19 ONIGAWARA / cinema staff 
 『ONIGAWARA ISLAND~鬼ヶ島リゾート2マンツアー2016~ 』 @新代田FEVER
★ 07/22 cinema staff  / Age Factory   「Age Factory present’s 『EGUMI』~激闘2016~奈良編」 @奈良NEVERLAND
★ 07/23 cinema staff / bed 
 『bed “via nowhere” release tour』 @徳島CROWBAR
★ 07/24 cinema staff  / Climb The Mind 
 =HUCK FINN 35th ANNIVERSARY番外編=HUCK FINN presents -recollection vol.5-」 @今池HUCK FINN
★ 07/26 cinema staff / My Hair is Bad 
 『UMBER 5th Anniversary FESTA × シネマイヘア』 @静岡UMBER

★ 08/03 cinema staff 
 『two strike to(2) night 特別編 -KINOTO 15TH ANNIV!-』 @渋谷club 乙-kinoto
★ 08/13 ircle / ナードマグネット 
 京宴ROCK2016 @京都KBSホール
★ 08/16 cinema staff / ATATA / SUMMERMAN 
 えるえふる / LIKE A FOOL RECORDS The 1st Anniversary Event Vol1 @新代田FEVER
★ 08/23 cinena staff / SAKANAMON  
 神戸VARIT.12th Anniversary “REAL MOMENT!!-SPECIAL 2MAN-” @神戸VARIT.
★ 08/24 asayake no ato / cinema staff 
 『Climbers aim high』 Tour @京都二条GROWLY
★ 08/28 ナノボロフェスタ2016 @京都nano

★ 09/04 cinema staff 
 KITAGATA清流フェス @岐阜清流平和公園
★ 09/08 cinema staff / ONIGAWARA
 Pangea リニューアル記念「CRUSTAL MOVEMENT」 MINAMI CROSS FEVER #62 〜シネオニ爆裂ツーマン〜 @心斎橋Pangea
★ 09/10 mol-74 武市和希 
 弾き語りインストアライブ @タワーレコード京都店
★ 09/14 And Summer Club / 台風クラブ 
 京都精華大学フォークソング部夏フェス「Hot neon hall」 @京都大学西部講堂
★ 09/24 裸体 
 裸体1st MINI ALBUM「新世界」TOUR FINAL! 「みんなのうた〜裸一貫 ONEMAN LIVE〜」 @心斎橋Pangea
★ 09/29 BURNOUT SYNDROMES / 感覚ピエロ / sumika / Mrs.GREEN APPLE 
 「Jumpin'jack2016」@心斎橋BIGCAT

★ 10/11 Galileo Galilei 
 『Galileo Galilei Last Live〜車輪の軸〜 at 日本武道館』@日本武道館
★ 10/22 cinema staff / アルカラ / ART-SCHOOL / delta sleep / tricot / 夜の本気ダンス / shift control 
 『cinema staff presents “OOPARTS 2016″』 @岐阜CLUB-G
★ 10/28 ircle / cinema staff 
 「光の向こうへ」リリース特別公演 ircle presents HUMANisM決闘編 @渋谷TSUTAYA O-Crest

★ 11/11 BURNOUT SYNDROMES 
 『ヒカリアレ〜未来への祈りを合図に火蓋を切る〜』 @名古屋ell.FITS ALL
★ 11/16 BURNOUT SYNDROMES 
 『ヒカリアレ〜未来への祈りを合図に火蓋を切る〜』 @梅田CLUB QUATTRO
★ 11/20 サイダーガール / cinema staff 
 サイダーガールツアー2016 サイダーのしくみ-DIORAMA- @梅田Shangri-La
★ 11/21 cinema staff 
 インディーズ時代􏰆音源再現ライブ『前衛懐古主義』part1 大阪編 @梅田􏰁Shangri-L􏰉a 
★ 11/22 cinema staff 
 インディーズ時代􏰆音源再現ライブ『前衛懐古主義』part1 名古屋編 @名古屋C􏰉LUB QUATTRO
★ 11/26 Homecomings 
★ 11/26 bed 
 『bed presents TURN IT OFF 〜Let's Get On Board〜』@京都UrBANGUILD
★ 11/30 cinema staff / HOWL BE QUIET / Halo at 四畳半 / Ivy to Fraudulent Game 
 cinema staff presents 「シネマのキネマ」 @東京キネマ倶楽部

★ 12/02 yonige / cinema staff 
 yonige pre. 売上折半 vol.1 @寝屋川VINTAGE
 『歳末!新栄パトロール24時な年忘れ泥試合シリーズ16’』 @新栄CLUB ROCK'N'ROLL
★ 12/04 BURNOUT SYNDROMES 
 『ヒカリアレ〜未来への祈りを合図に火蓋を切る〜』 @福岡Queblick
★ 12/12 ビレッジマンズストア / Large House Satisfaction 
 【ビレッジマンズストア『正しい夜明け』Release Tour 神戸編】 @神戸太陽と虎
★ 12/15 RIDDIMATES / フライデイフライデー / ベランダ / POLPTOM / 

踊る!ディスコ室町 

 “京音 -KYOTO- vol.06” @京都MUSE
★ 12/24 Homecomings / Hi, how are you? 
 Homecomings presents "BASEBALL SUNSET" @京都MUSE
★ 12/27 裸体 / ミスタニスタ / サラケダス / the seadays / ソウルフード 
 ミスタニスタpresents.【第9回 ミスタニスタフェスタ】 @京都GROWLY
 THE NOVEMBERS&cinema staff presents 「想像上の首」 @新代田FEVER


計 57本

BURNOUT SYNDROMES 9本

でした
非常にたのしかった、来年もガンガンいきます
広告を非表示にする

2016年12月28日 cinema staff @新代田FEVER

f:id:a103013009:20161230211108j:plain


ライブ納めで新代田


三島くん「想像上の首、ようこそ新代田FEVERへ!俺たちが岐阜県から来ましたcinema staff、始めます!」

想像力
エゴ
大サビ前三島くんずっと手叩いてる
白い砂漠のマーチ

飯田さん「こんばんは!cinema staffです!今日は「想像上の首」というタイトルで、6年前は「想像上の辻」でした!今日のツーマン、とても楽しみにしていました!この前ここでplentyとやったときにも話したんですが、江沼とノベンバーズのライブに行く夢を見るくらい楽しみにしてました!まだ30日が残ってるけど、今日が1番楽しみです!よろしくお願いします!」

drama
小さな食卓
daybreak syndrome
辻くんがケンゴマツモトのギターフレーズに影響されてできた曲だからやったらしい
バイタルサイン
Truth under the imagination

飯田さん「ありがとうございます!今年はFEVERにたくさんお世話になりました!」
久野さん「ノベンバーズは明日もFEVERでライブということで、今日はFEVER癒着バンドのツーマンですね!」

久野さん「今回想像上の首Tシャツも作ってきていて、2サイズ展開です!もろデザインノベンバだよね この首のイラストは小林くんが書きました!辻くんが着てるやつですね!見える?…あっ辻くん小さくて見えないか」

飯田さん「ノベンバーズとは6年前にツアーを回ったんですが、浜松で辻くんが頭ぶつけて血が出て、救急車で運ばれたってこともありましたね あの時僕らはマネージャーがいなくてメンバー4人だけで、ノベンバーズのマネージャーさんが救急車の手配とかしてくれて、お金払わなきゃいけないくらいお世話になりました」
久野さん「浜松って言った瞬間笑いが起こるのやばいよ(笑)」
飯田さん「インタビューでも散々話してますからね。「今までで印象に残ってることはありますか?」みたいな質問で何百回も話してます」

三島くん「えー、本日はありがとうございます。ノベンバーズとは6年前にツアーを回ったんですが、当時僕らは金がなく、大五郎、あのケミカルな焼酎4リットルを持ってノベンバの部屋を訪れたりしてました。温泉が有名なちょっといいところで、あとでみんなで入りに行こうって言ってたのに辻くんが酔っ払って裸で一発芸を始めたという」
飯田さん「ほんとにうるさくてベランダに出して、俺らはそれを見ながら酒を飲みました。」
久野さん「辻くん、開けて〜〜!開けて〜!って窓叩いてましたね」
飯田さん「いつもは辻くん一発芸やらないのにこの日は自主的にやったから、本当はやりたいんじゃないかってこの日を境に振るようになりました」
三島くん「…という辻くんの新境地を開いたこともあったんですが、ノベンバーズは独立して独自の路線を行っていて、いわばパイオニアでして、僕たちもそれを見るたびにまた頑張ろうと思っています。ありがとうございます。」

ビハインド
返して
ニトロ
君になりたい
辻くん上手スピーカーに登る


ノベンバ小林さんは、
小林さん「浜松で…辻ちゃんが救急車で運ばれた時…辻ちゃんは恐怖と悔しさで震えてて、血まみれで。僕が貸してあげたタオルがどんどん血に染まっていくのを見て、タオルってこんなになっちゃうんだ…って」
ってMCしてました


blue…を出した時にノベンバとツーマンして回ってたから、今回はその曲ばっかりで最高だった
若干前衛懐古主義で聴いたよなぁ〜〜とも思ったけど、滅多にやらん曲も多いから嬉しい

2016年12月4日 BURNOUT SYNDROMES @福岡Queblick

f:id:a103013009:20161219101932j:plain


福岡へ


関西から2時間半ってめっちゃ近いですね 半休貰えば平日に福岡も余裕ってことが分かったのが収穫だった



熊谷大陸
ナレーションは石川さん
「大阪が生んだ浪速のベートーベン」
BURNOUT SYNDROMES ソングライターの熊谷和海の素顔に迫る」的な
・最初熊谷さんの写真 「熊ちゃん」「sweet bear」みたいな字幕
・ナレーター石川「BURNOUT SYNDROMES、ギターボーカル、作詞作曲、熊谷和海。1992年、大阪に生まれる。父親の影響でサッカーを始め、中学高校ではキャプテンを務めた。勉強もでき、成績はいつもトップクラス。そんな彼は今、ミュージシャン」
・お宅訪問 
緑のドア \ピンポーン/
ガチャッ 熊谷さん「いや、何もないですよ…」
・漫画3000冊、本棚の上に水槽?あと三毛猫?
・作曲風景
琴の音を入れるか検討 入れてみる 熊谷さん「いらんわ」
・作詞風景
Word使用
M1.檸檬の「芸術は」に続く言葉が出ない
気分転換で大阪城公園へ 猫撫でてから家を出る
熊谷さん「(大阪城公園は)散歩コースですね ほぼ毎日来ています」
・メンバーへ質問
Q.熊谷さんはどんな人?
A.廣瀬さん「熊谷は…ちょんまげ?ちょんまげでヘッドホンつけて音楽聴いてる(頭振る)から怖い人みたいに見えるけど…ちょんまげパワーで頑張る努力を惜しまない秀才!」
Q.石川が発掘した熊谷ってどんな人?
A.石川さん「熊谷は恥ずかしがり屋で、でもワンマンライブのときはみんな家族みたいだからってすごく楽しそう」with BIGCATで撮ったキメキメ動画
・熊谷さん「僕は生まれつき身体が弱く、音楽を聴くことが趣味でした。多分そんな人はたくさんいて、そんな人の支えに少しでもなれるような音楽を作りたいと思っています。僕らの音楽で、たった1人の人生のベクトルみたいなのを動かせたらと思います」
みたいなことを大阪城公園歩きながら語る 途中葉っぱを摘もうとする
・「始まりますよ」「楽しむ準備はできてますか?」みたいなテロップ
最後にドーーーンとバンドロゴ

廣瀬さんオンリーで登場、ドラムソロ
残りのメンバー出てくる
石川さん「会いたかった福岡ー!!最初は始まりのこの曲!」
Bottle Ship Boys
熊谷さん、「瞳に南十字星」で手キラキラ
「一度限りなら波乱万丈でいろよ 魂の羅針盤

エアギターガール
「暗い部屋にGoodby」で手を振る石川さん
サビ前「Wow Wow」で3人みんなで手を挙げるのかっこよい〜

FLY HIGH!!
石川さん「この曲はBURNOUT SYNDROMESを愛してくれたみんなの曲だからサビ、あげる!歌って!」

PIANOTUNE

石川さん「季節は冬、過ぎ去った夏に思いを馳せて歌います」
セツナヒコウキ
熊谷さん「ベース!石川大裕!!」→ベースソロ
最後はちゃんと「東京」

石川さん「楽しんでますか福岡!なんと今日……ソールドアウトしております!いやぁ、ギリギリでソールドアウトなので、ここにいるあなた方がいなかったら無理でした!ありがとうございます!あっ申し遅れましたが、私、BURNOUT SYNDROMESのベース、コーラス、総合司会。好きな食べ物は麻婆豆腐、石川大裕です!僕こんなにお喋りですけどね、真面目、誠実、清潔で美しく健やかな毎日をおくっております!せっかくのワンマンなので他のメンバーにも話してもらいましょう!まず、ギター、ボーカル熊谷和海!」
熊谷さんギターソロ→「よろしくお願いします!」
石川さん「熊谷の好きな食べ物はイカ。特に何が好き?」
熊谷さん「一夜干しですね。イカリングは邪道です」
石川さん「ドラム、コーラス、そしてスマイル。好きな食べ物はビーフ、ポーク、そしてチキン。BOS48の廣瀬拓哉くんです!」
廣瀬さんドラムソロ→「よろしくお願いします!」
石川さん「かっこいいですね〜!ピンクグレープフルーツ食べて「何このスイカ!めっちゃ酸っぱいやん!」って言ってた人と同じ人とは思えないドラミングですね!」

君は僕のRainbow
歌詞に色が出てくるところは照明がその色になってた

熊谷さん「僕は自分の声が嫌いでして。ボソボソッとしてるし低いから高いところとかでないし。ですが、最近熊谷の声いいな!って言ってもらえることが増えました。そこで思ったんですが、この世に良くない声の人なんかいないんじゃないかと。そんな思いを込めて作った曲です。小さい声でもいいんで、一緒に歌ってくれたら嬉しいです。」
君のためのMusic
熊谷さん「大阪が生んだラッパー、石川!」でDJ ISHI登場

エレベーターガール
「下品な手話で「さよなら」と返答」で手振る石川さん

熊谷さん「20そこそこの頃、大学も辞めて俺なんか生きている価値がないんじゃないかと思っている時に作った曲です。今回のツアーはリクエスト曲を募集したのですが、この曲が皆さんに愛されていて嬉しいです」
斜陽
石川さんスタンドマイクでコーラス!
一瞬だけ昔に戻った気がしてすっっっごく嬉しかった かっこいいよやっぱりスタンドマイク 正統派バンドマンって感じで

石川さん「みなさん、大変です!なんと前半戦、終了です!」
ここで照明暗点
ナレーション石川「(し、しまったーーー!!あのキラーチューン、セットリストに入れるの忘れてた!みんな聴きたいやろうし、なんとかしてこのことをメンバーに伝えな!)」
照明明るく
石川さん「なあ!鳥人間の曲やりたくない?鳥人間の曲!FLY HIGH!!ちゃうで!高校生の時作った鳥人間の曲、やりたいよなぁ!?なぁ熊谷!」
暗点→熊谷さんに照明
熊谷さん「(その曲作ったの、俺やぞ!!)」トゥースみたいな指で石川さんに迫る
照明明るく
熊谷さん「お、おう!やりたいやりたい!」石川さんがよそ見した隙に立てた親指を下にして首のところスライドするアレ→親指下にしたまま上下→中指立てる
石川さん「メンバー全員に聞いてみましょう!廣瀬くんどうですか?」
暗点→廣瀬さんに照明
廣瀬さん「(鳥かぁ〜!鳥だったら僕は焼き鳥がいいなぁ!(スティックを串に見立てて食べる真似)あっ!でも今日は福岡ツアーファイナルだし、明太子も博多ラーメンももつ鍋も全部全部ぜーーーんぶ食べたいなぁ!!)」
\かわいい〜〜!!/
照明明るく
廣瀬さん「鳥人間の曲やりたいやりたい!」
石川さん「鳥人間の曲、もうみんな分かったよね!?ヒント!英語で言うとfall&rise!!(指上げ下げ)みんな分かったよな!?せーので言うで!!分からない人はフゥ〜〜〜とか言えばいいから!せーの!!!」
\墜落、上昇!!/
墜落/上昇
熊谷さん「聴いてください!墜落/上昇!」
熊谷さん「君に見せたくて僕は……空の飛び方教えてやるよ」→大サビへ

文學少女
「言葉を剣に 沈黙を盾に」、CDだと「たーてにー」だけどライブだと「たてにー」って詰めて歌ってるの好き
熊谷さん「その声は!世界にたった一つだけだ 共にハッピーエンドを信じて歌おう」

ナイトサイクリング

石川さん「僕ら大阪のバンドなのになんで福岡でツアーファイナル?って思った人たくさんいると思います。これには訳があって、僕たちずっとラジオのレギュラーやりたいやりたいって言ってて、それを初めて叶えてくれたのが福岡だったんです。レギュラーなんで毎週毎週福岡に通っていると、バーンアウトの曲を流してくれている人、宣伝してくれている人、関わってくれる色んな人がいるんです。だから、そんな人たちが少しでも来やすいように日曜日にしたくて、どうにか土日でってイベンターさんにお願いしたら空いてたのが今日だったんです。だから僕は福岡でファイナルができてすごく嬉しい!!」

石川さん「皆さんにひとつ発表があります……なんと我々BURNOUT SYNDROMES、COUNTDOWN JAPANの出演が決まりました!ありがとうございます!なんと、……同じ時間に[Alexandros]さんが出てます!くるりさんも!見たかった〜〜〜!!

石川さん「やっとたどり着いた!やっと選ばれた!皆さんとの誓いを光と呼びましょう!」
ヒカリアレ
お立ち台きてギターソロ


LOSTTIME

熊谷さん?石川さん?「皆さん今日は本当にありがとうございました!少し早いけどクリスマスの曲です!僕たちBURNOUT SYNDROMES、これからもどんどん曲を作ってみなさんにプレゼントできるようにもっともっと頑張ります!」
月光サンタクロース
廣瀬さんにサンタ帽子
照明がクリスマスカラー

熊谷さん「みなさん今日は本当にありがとうございました。世の中には私利私欲のために生きている人も少なからずいるわけで……云々……どんなに辛い時でもその人のことを想えば頑張れる、お互いの心の鍵を預けあえる、そんな人を見つけてください。ツアーファイナルだから言いますが、僕たち3月にメジャーデビューして1年、まだまだひよっこなので辛いこともたくさんありました。無茶なスケジュールだったり、締め切り、この曲タイアップとれなかったら死ぬで!!なんてこともありました。何度も折れそうになったけど、ライブに来てくれる皆さんが挙げてくれるその手や声で頑張ることができました。皆さんも僕らの曲で辛いけど頑張ろうって思ってくれることがあったかも知れません。僕たちもそんな関係になれたでしょうか?僕はなれたと思います。最後、皆さんのことを想って書きました。Signという曲です」
Sign

en.
廣瀬さん1人で登場
ハイキューのエプロン着用
\かわいい!/\かわいー!!/
廣瀬さん「えー…みなさん今日は本当にありがとうございました!……なんでこんな格好かと言いますと、楽屋に帰ったらこれがかけてあって、「これ、廣瀬くんの」って言われたんですけど何なんですか!?…えー、今年はFXだったりフェスだったり、ラジオだったりで福岡にたくさん来ることができました。ありがとうございます。……そろそろメンバー呼びましょう…おーーーい、みんなぁ、そろそろ始めようよぉ…」
熊谷さんだけ登場
廣瀬さん「あれ?石川は?」
熊谷さん「なんか楽屋で準備してたで」
ソフトバンクホークスの入場曲(?)が流れて石川さん登場
フロアと握手
帽子、ユニフォーム(背番号1 内川)、小さいバッド二本が紐で括られてるやつを首にかけてる
石川さん「今季ドラフト指名2位の石川大裕です。みなさん今日は本当にありがとう。(アンプの上に帽子を置きにいきつつ廣瀬さんに)はい(スティックにしろとバッド手渡す)福岡のインストアの時僕の楽器これでしたからね!いやぁ、僕、ソフトバンクホークス大好きなんですよ。なんでかって言うと、兄と野球ゲームするじゃないですか、兄、阪神選ぶじゃないですか?僕、ソフトバンクホークス選ぶしかないじゃないですか?なので大好きです!」

石川さん「僕、この前大好きなアーティストが来日したからライブ見に行ったんですよ。45分くらいで終わって、そのままバァイ!だったんですが、僕が好きなあんな曲やこんな曲やってなくて、いやいや、これはアンコールでやるやつやな!って思ったらアンコールなくて、潔くてすごくかっこよかったんです!ジャパニーズはすぐアンコールするけどそれってどうなん?おかしくない?って思ったので、クイズに三問正解しないとアンコールやりません!こいつ(熊谷さん指差す)が!」
熊谷さん「クイズミリオネア的なね」
石川さん「オーディエンスとテレフォンはOKですからね!」
熊谷さん「テレフォンって…」
石川さん「テレフォンはオカンに繋いであります!」
熊谷さん「オカンって……こいつうちのオカンに内緒で連絡とってたんですよ」
石川さん「熊谷くんの子供の頃の写真ください!ってね!あの最初の映像僕が作ったんですが、作ってる途中でめっちゃ熊谷のこと好きやん…みたいな人になってました(笑)……じゃあいきますよ!SEカモン!\デーデン/インド原産のミカン科、すっぱ〜い果物、何?」
熊谷さん「…レモン?」
石川さん「…正解!じゃあ第2問!SEカモン!\デーデン/イタリアでよく飲まれるジュース、○○○スカッシュ、さて何?」
熊谷さん「……ライム?」
石川さん、やべーみたいな顔してる
熊谷さん「…レモン?」
石川さん「正解!じゃあラスト!SEカモン!\デーデン/アルバム、檸檬の表題曲、みんなが1番期待してる曲は何?」
暗点→熊谷にスポットライト
熊谷「アンコールありがとうございます!聴いてください、檸檬」
檸檬

むー
「その願いの中」の後、石川さん「隣の人と手を繋いでください!僕たちみんなでBURNOUT SYNDROMESです!その手を挙げて!海みたいに見えるでしょ!」

ラブレター。
間奏で熊谷さんのTシャツのレモンつつく石川さん

石川さん「ありがとうございました!みなさんにこれを…(サイン入り檸檬のレプリカ出す)なんと今日はツアーファイナルなので増えました!余ったとかちゃうで!はいはい持って持って(メンバーに渡す)あっメルカリには出さないでくださいね!……あー、自分の書いたやつがいいのね はいはい (2人に渡しすぎて)俺のないやんけ(笑)」

石川さん「この後の写真撮影ですが、いくつか注意事項があります!(紙広げる)…云々…ポーズですが、指定がない場合、1枚目はCDを持って、2枚目はちっさい檸檬、3枚目は大きな檸檬にします!」

石川さん「最後、アー写撮影します!皆さんもBURNOUT SYNDROMESのメンバーですからね!掛け声はアレです。各地で酷評された…レモ、ン゛ーーー!!でいきたいんですが、これ、ン゛ーー!!の顔ほんとヤバイですよ、自分でも見れないです(笑)……みんな俺にかわいい〜〜!とかないの?(廣瀬さんが言われてたから)」

撮り終わった石川さん「なんか家族写真みたいやな(笑)」


福岡まできてよかった、最高のツアーファイナルでした

そのあとは早々に退散して屋台で酔いつぶれてました
二軒目で行った屋台のにーちゃんが上がるから晩酌付き合ってくれやって一緒にビール飲んでおでん食べてた 
ビールは赤星でした おいしいよねぇ
ちゃっかり名刺もらっちゃったからまた行かないと

べろべろだったけど起きたらホテルにちゃんといた自分えらい 買った記憶ないコンビニのパイナップル転がってたけど

バーンアウトには来たことない土地にいっぱい連れてってもらってるしこれからも連れてってもらいます♡

2016年12月3日 cinema staff / mudy on the 昨晩 @名古屋ロックンロール

f:id:a103013009:20161219100136j:plain


本当に待ちに待ったシネマとムー昨

しかもロック


ロックって電波びみょくないです?WiFi飛んでたことこの日初めて知ったから改善したけど


先攻はシネマ
てっきり後かと思ってたからびっくり去年アルカラとやったときも後輩だけど後攻だったからさ〜


三島くん「cinema staff始めます」

エゴ


希望の残骸
「星になったあの人に」で空指差す三島くん これは恒例になりつつあるけど今日はプラス目だけ上見てた

返して

飯田さん「皆さんこんばんは!cinema staffです!今日はmudy on the 昨晩とツーマンということで、今年1番楽しみにしてました!」
久野さん「mudy、1年くらいライブしてなくて、ショボくなってたらどうしやうって思ってたんですが、リハ、そんなことなくてちょっと泣いたもん!」
飯田さん「クオリティ高いよね!このあと出てくるハードル上げるという(笑)」
久野さん「今日本で1番かっこいいバンドだと思います!」
久野さん「泥仕合っていうのは毎年12月にやってて、ロックンロールで見れないバンドを呼ぶんですが、今日はここで見れそうな2バンドっていう(笑)」
飯田さん「もう一回言いますけど、今年1番楽しみにしてました!!ライブ終わったらテキーラから始めますんで!皆さんもテキーラから始めてみてはどうですか?」
久野さん「フロアで飯田くん見かけても近寄らないほうがいいですね(笑)」
飯田さん、終始ニッコニコ

skelton
さよなら、メルツ
いたちごっこ
シャドウ
「無駄と思えることもすべて繋がっていた」で前出て歌う辻くんエモい

飯田さん「皆さん楽しんでますか!!僕たち11/30に新しいe.p.を出したんですが、ここにいる皆さんは買ってくれましたよね!まさか買ってないなんて…買ってない人手挙げて!!…酷だね、酷(笑)」
久野さん「今日物販には持ってきて…る?…あっないのか。ないそうなので皆さんタワレコとかで買ってください!」
飯田さん「名古屋のタワレコで ヤオタケシ っていうとステッカー貰えますからね!…いつまでだっけ?週末まで?」
久野さん「終わったあとにレジで ヤオタケシ って言っても 誰? ってなりますからね(笑)」

三島くん「えー、今日はmudy on the 昨晩とツーマンということで、森渉氏…ワティフォ氏とは前々からライブしましょう!って話をしてたのですが、1年強くらいライブしてないということで、だったら解散ライブをやろうと」
飯田さん「葬ってやろう!!!って!」
久野さん「裏テーマだからね、解散ライブ!あっジョークですよ!」
三島くん「ダイヤモンドホールとかでsoulkidsとか名古屋のバンドを集めてライブして、トリはmudyで綺麗に解散させてやろうって思ってたんですが今回ツーマンが決まりまして」
久野さん「ロックンロールの店長の本多さんに今年はどことやりたい?mudyとかどう?って訊かれた時に速攻でやります!!ってね」
三島くん「前にmudyとクアトロでツーマンしたことがあるんですけど、名古屋のでしたっけ?来てた人いますか?いつでしたっけ?真ん中のギター誰でした?」
飯田さん「あの時は桐山君だっけ? あのギターの弾き方が気持ち悪い(笑)」
三島くん「あー、あの置くみたいなね」
飯田さん三島くんで真似する
飯田さん「もっとキレ良くしろって思ったよね!」
久野さん「いないメンバーのことdisるのやめよう(笑)今は初期のメンバーに戻ってギターは山川くんで、僕たちにとってmudyと言えばこれなので、今日はすごく楽しみです!」

なんの下だか忘れたけど、
三島くん「ランエボな」
飯田さん「ランエボ?なにそれ」
三島くん「ランエボくらい知っとけよ!」
飯田さん「ごめん俺ベンツしか知らない…」
三島くん「どう生きてきたらベンツしか知らない人生になるんだ…」
飯田さん「あとハイエースね」
三島くん「次行きます」

三島くん、イントロ中になんか言ってるけど聞き取れなかった
ビハインド
世紀の発見
西南西の虹

三島くん「最後の曲です!俺たちが岐阜県から来ましたcinema staffでした!」
theme of us
最後辻くんが下手側フロアに降りてくる
三島くんはマイク外してフロアに持たせる ♡持ちました♡てれてれ
マイク渡されてもどうしていいか分からんよね もしかしたら歌ったりシャウトしたりしたいかもじゃん?だから一応向けてたけど結局そのまま終わった(笑) スタッフさんも気づかなくてはけた後も持ったまま、転換中も気づかれないっていう スタッフさん!こっち!マイクあるよ!!って


後攻はムーディ
いい位置だったからこのままいたかったけど、どうしても酒が飲みたかったから抜けてバーカウンター
ハイボール一気飲みしたあと頼んでジンジャーハイ作ってもらった
ロックのジンジャーハイ辛くて最高

後攻はムーディ

PERSON!PERSON!
エゴ・ダン
moody pavilion
ZITTA

deltal
marm

秘密
fashion

PANIC ATTACK
ユアイへ
YOUTH

フルサワさん「あのさ、シネマの方が人気あるから後にやってたから今日は新鮮です シネマはカレッジロックフェスティバルで一緒になって、俺らが1番かっこいいだろって思ってたんです で、シネマが最初だったんだけどカッコよすぎて俺たちセトリ変えました 今日は変えてません!!あの頃からみんな面白かったよね、三島以外」

メッセージ

アンコールは忘れました


ライブ中もずっと酒飲んでたしおかわりも行ってたからべろべろだった 酔っ払って聴くムーディは楽しいですねぇ

ムー昨またライブ決まったっていうし行きたい 

2016年12月2日 cinema staff @寝屋川ビンテージ

f:id:a103013009:20161214230538j:plain


年内のライブレポもどきは年内に上げたくて、気が向いた時にアップするんじゃ絶対に間に合わないから頑張る


この週は4本ライブがあって東阪名福と日本縦断しました 卒論締め切り前でしんどかった…

パソコン持って行って遠征先で論文書くとかないわ……



ビンテージ、上手に螺旋階段があってそこから登場
辻くん、「ねや川」って酒の一升瓶を持ってきた

三島くん「ようこそ寝屋川vintageへ!俺たちが岐阜県から来ましたcinema staffです!」

返して
1サビで2サビの歌詞歌っちゃう飯田さん、でも即座にそれにコーラス合わせる三島くんすごい

theme of us
イントロベースソロで三島くんが真ん中に行ったけど、ステージ狭すぎて辻くんが避けるところがなくて自分のエフェクターボードまたいでた
辻くん、ステージが狭すぎて1サビ前跳べず
2A終わりのジャカジャカジャッのところだけ三島くんのところに行って向かい合って弾く辻くん
「we need P.B.」で三島くん指差して、「green guiter」でいつも通りギター掲げる辻くん

希望の残骸
三島くん、「星になったあの人に」で空指差して、大サビの「絡まった糸を解くよ」で右手バッて何かを振り切る振りしてた

飯田さん「こんばんは!cinema staffです!今日はyonigeに呼んでいただいて来ることができました!ありがとうございます!今日の公演名が「売上折半」っていうすごい感じなんだけど、皆さんが払ってくれたお金はyonigeと半分こします!」
久野さん「ねやがやビンテージ楽しんでるかー!?ねやがや…言いにくいですね」
飯田さん「ねやがやね…」
久野さん「僕たちは岐阜県出身なんですが、寝屋川と似た感じです!まぁ田舎ってことですね!」
飯田さん「商店街とかすごく懐かしい感じがしてフラフラしてたんですが、アレですね、アレ。僕たちの地元にも柳ヶ瀬商店街っていう、まぁシャッター街になってるんですが、あるんですが、似てて。まぁアレです、田舎ってことですね!」
飯田さん「辻くんの出身地なんて本当に田舎で、羽島市ってところなんですが、街灯が2km置きにしかなくて、気温も2度くらい低いっていう。そして近所にはミニストップと和菓子屋さんしかありません!」

drama
間奏でフロアにベース突き出す三島くん

小さな食卓
いたちごっこ
アウトロが3倍くらい長かった
シャドウ

飯田さん「僕たち11/30にvektor e.p.っていうシングルを出しまして、このことは三島くんに説明してもらいましょう!」
久野さん「まだチューニング中だから…」
飯田さん「タワレコとかHMVで売ってますので是非皆さん買ってください!寝屋川にあるか知らないけど!僕たちの地元岐阜にはタワレコが1店舗しかなくて、しかも岐阜駅から車で25分くらいかかるという…(車運転する真似)」

三島くん「えー、yonigeの皆さん今日はありがとうございます。寝屋川vintageって多分yonigeのホームだと思うんですが、そこにcinema staffを呼んでいただけて光栄です。最初は間接的な繋がりからでしたが、一緒にやりたいと思っていたところにお話をいただけて…。yonigeはスペシャ列伝も決まっていて、これからガンガンくるバンドだと思っていますので、こうして先物買で対バンできて嬉しいです。是非、次は我々をフックアップしていただきたい…!僕たちも地元にyonigeを呼びます!」

エゴ
イントロのカッティングの音違う?変な感じがした

世紀の発見
好きな曲だって言ってたから辻くんめちゃくちゃ嬉しそう

三島くん「グレイトエスケープ!!」
great escape

三島くん「最後の曲です!俺たちが岐阜県から来ましたcinema staffでした!」
ビハインド


ビンテージ、バーカウンターみたいなのがなくて入り口にある冷蔵庫からドリンクもらうんですね
だから、人の流れ的にもらったら外出るしかなく、でも普通にバンドマンは搬出してるからちょっと……って感じ 
いや、普通のファンなら嬉しいんだろうけど、好きなバンドだと出待ちしてる風に思われないかな〜〜〜みたいな 乙女心的な(?)

2016年11月30日 cinema staff @東京キネマ倶楽部

f:id:a103013009:20161209115820j:plain


シネマのキネマ!新譜の発売日にライブだなんて最高!


この日の対バンは、HOWL BE QUIET /Halo at 四畳半 / Ivy to Fraudulent Gameでした


ステージ下手にバルコニーみたいなのがあって、そこから階段伸びてたから登場するのはここからかな〜〜〜って思ってたんだけど活用されず。後ろの人たちがa flood of circleのときはここから降りてきたのに〜〜〜って話をしてたから余計に見たくなった!


対バンは全部初見だったけど、特にハロ!すごいシネマリスペクト、ギターの人は飯田さんと同じジャズマスってことは知ってたけど、音出しでシネマのワルシャワやったり、ボーカルの人はアンプの上に蜂蜜置いてたり、みんなシネマのタオル使ってたり 最高!

あとベースの人めちゃくちゃかわいくて照れた 最前だったから余計に 裸足でプレイするのも好み!


オオトリはシネマで


三島くん「キネマ倶楽部!!俺たちが岐阜県から来ましたcinema staffです!」
望郷
エゴ
great escape

飯田さん「今日は皆さん来てくださってありがとうございます!そして出てくれた3バンド ハロ、ハウル、アイビーもありがとう!」
久野さん「楽しんでるか!?」
\イェーイ!/
久野さん「楽しんでるか!?」
\イェーイ!!/
久野さん「楽しんでるか!?」
\イェーイ!/
久野さん「キネマ倶楽部は初めてですが、独特な雰囲気で僕たちも楽しいです!ありがとうございます!!」

飯田さん「みんな年下なんですが、とってもいい子たちで!…あっでもアイビーは中指とか立ててて怖かったですね!」
久野さん「楽屋帰ってきた時に、どうしよう!挨拶したほうがいいかな!?って思ったんですが、普通に礼儀正しいいい子でした!(笑)辻くん怯えてたよね(笑)」
飯田さん「すごいよね、ボーカルの寺口くんなんて辻くんの2倍くらい身長あるよね!」

久野さん「今日物販?タワーレコードの即売ブース?でvektor e.p.を買うとシネマのキネマのステッカーがもらえます!サイン入りです!」
飯田さん「一枚一枚気持ちを込めてサインしました!!ほんとですよ!」

飯田さん「では、e.p.の中からやります」

返して
ビハインド

三島くん「後半戦、いけますか!!」

theme of us
希望の残骸
三島くん、ラスサビの「地に足をつけたなら絡まった糸をほどくよ」でしゃがんで足元に手つく
この日の希望の残骸、いままで何回も何回も聴いてきたけど間違いなく1番でした

ステージとフロアの距離が結構あったけど御構い無しに辻くんはガンガンダイブしてきよった さすが 落ちないか心配だったよ…

en.
三島くんビール持って登場 プレモル
三島くん「皆さん今日はありがとうございました。そして出てくでた…くでたって言っちゃった(笑)出てくださった3バンドもありがとうございました。彼らは僕たちより5つくらい下でして、彼らが学生の時に僕らはCDを出していて、それを聴いてくれていたという。僕らはまだ何かをやり遂げてはいませんが、その過程を見てくれていた人がいるのはとても喜ばしいことです。続けるもんだなって思いました。シネマのキネマっていうのは元々ポニーキャニオンの企画で、レーベルというのはCDを出すところで事務所とは別なんですが、今回一緒にやろうということになりました。今まで僕たちは先輩バンドと一緒にやることが多かったのですが、自分たちがトップランナーだって胸を張って言えるようなバンドでいたいです。今、チームとしてすごく良い仕事ができています。e.p.を出したということは、皆さん分かってますよね?(笑)来年には出ると思うんで、アレが(笑)今後ともよろしくお願いします」

久野さん、マイクとんとんってやってからのプシュッ

海について
イントロ前にセッションみたいな
初っ端からブルースハープ

三島くん「終わりっぽくなってますがまだありますよ!事前の配信で決めた通り記念撮影をします!(袖に向かって)来い!!」
一列になって登場
三島くん「ハロ!ハウル…?バンドごと来いや(笑)」
渋滞してる
三島くん「こういう時どうすれば良いか困るよね(笑)」

三島くん「飯田くんたちは真ん中に……ヤオくん掛け声どうします?」

ヤオさん「イェー👊❗️❗️で!」



この日は各バンド持ち時間が30分?の転換15分かな?くらいだったんだけど、主催はもっとやってくれよ〜〜〜〜〜って思っちゃうくらい良いライブでした

ヤオさんもいたから写真楽しみ

それに加えてカメラも2台はいってたんだけど、どうするか今から期待

鴬谷の飲み屋に一軒も行けなかったからリベンジしたい






カメラさん2人、特に男性の方、一切中腰にならず突っ立ってカメラ構えてるから視界に入る入る お前見に来たとちゃうで って思っちゃいました
あんたより背高いヤオさんはずっと中腰で仕事してたから余計に悪目立ちしてた ヤオさんの写真にも写り込んでるし
せっかく最前いても被るしで嫌でした どこの委託か知らないけど、映像はライブの副産物であって、演者と現場で楽しむファンが最優先だと思いますよ

辻さんがガンガン動くからそれ追っかけてたけど、ダイブする動線で構えてたからカメラ当たりかけてたし、最後の方ローディーさんに邪魔やぞって追いやられてましたよね、見てましたよ

今まで色んな現場でカメラさん入るの見てきたけど、ここまでひどいのは初めてでした 



以上愚痴

最近このブログどっかに晒されたみたいで怖いですねぇ
まぁ匿名なんでぐちぐち言うのやめないですけどね



2016年11月22日 cinema staff @名古屋QUATTRO

f:id:a103013009:20161201204135j:plain


PARCOに手ぶら半袖タオルって装いで入ってくの気がひけるの私だけです?


そんなことで前衛懐古主義ファイナル名古屋



AMK HOLLIC
チェンジアップ
想像力

飯田さん「皆さん、今日は前衛懐古主義名古屋編、来ていただきありがとうございます!!地元名古屋、辻くんなんてテンション上がって2曲目でダイブしてて笑っちゃった!」
久野さん「前衛懐古主義 名古屋(強調) 編、ありがとうございます!昨日は東京編って言っちゃいました(笑)」
飯田さん「あの瞬間全てを敵に回したよね」
久野さん「そう、東京編はニコニコ生放送が入ってたから発言には気をつけてたんですが、大阪ではなかったから下ネタしか話してないよね!」
飯田さん「今日も下ネタだけです!次のMCで言います!」

飯田さん「昔見てくれてた人も、新しく好きになってくれた人もいると思います。俺らも成長した身体、心、音で演奏します。最後までよろしく!」

ローリング
シンメトリズム
Boys Will Be Scrap
第12感
「吐き気がするほどの人から選ばれて」フロアをぐるっと指差す

飯田さん「皆さんありがとうずら!(噛んだ)」
三島くん「今なんて言った?ずら?」
飯田さん「そうだよ!!ありがとうずら!!!」
三島くん「ずらってドカベン殿馬くらいしか使わねーぞ!」
久野さん「三島、古いよ。今は妖怪ウォッチだよ!コマさんだよ!」
三島くん「コマさんってあの白いの?」
飯田さん「辻くん一時期妖怪ウォッチにハマってたよね」
辻くん「(こくこく)」
飯田さん「移動中とか真剣に携帯見てるから仕事かな?って思ったらだいたい妖怪ウォッチぷにぷにかおぎやはぎのラジオで。車内ってみんなそれぞれ好きなことしてるから静かなんだけど、辻くんはラジオ聴きながら笑うから、後ろから「ウヒッ」って聞こえてくるよね(笑)」
三島くん「ウヒッ って言ってるわ(笑)辻くんはイヤホンしてるから分からないと思うけど」

飯田さん「皆さんエゴのMVは見てくれましたか?監督にはイントロがネギを刻んでる音に聴こえたらしいからああなりました!」
久野さん「あそこだけ決まってて他は何にも考えてなかったっていうね」
飯田さん「そう、だから これで大丈夫かな? って訊かれるんだけど、いやいや、それでお願いします! としか言えなかったよね(笑)」

飯田さん「今日はタワーレコード名古屋の上ということでさっき寄ってきたんですが、すごいね映画便!みんなもらった?ちょっと持ってくるから」
久野さん「ほんとこの人のこういうところ嫌だわ〜〜〜」
飯田さん「これこれ!すごいよね、過去のCDのこととかも書いてくれてて!もらってない人はもらって帰りましょう!

バイタルサイン
「手を繋ごうよ」で手を伸ばす三島くん
トゥルル
サイクル
部室にて
妄想回路
制裁は僕に下る
「理想は遠い」で手伸ばしてから引っ込める三島くん

久野さん「皆さん、のたうち回ってますかー!!のたうち回りながら楽しんでますかー!!」
久野さん「先行でチケット買ってくれた人にはセットリストをプレゼントしてるんだけど、東名阪全部デザイン変えてます!」
飯田さん「一枚一枚サイン書きながらありがとうございます!ありがとうございます!って会釈してるからね、俺は。辻くんなんてお酒飲みながら(書き殴る真似)だからね!」
辻くん「(こくこく)」
飯田さん「だから辻くんのサインだけかすれてます」
久野さん「だけど今ここにあるのは三島の方がかすれてるよ(笑)」

久野さん「三島なんかないの?」
三島くん「ありがとうございます。この4枚はだいたいが大学生の時に作った曲で、当時どんなことを思っていたのかを振り返る良い機会になりました。僕は当時、昭和区の川名駅っていうところの、ガソリンスタンドとパチンコ屋さんの近くのアパート、ハイムひろじってところに住んでまして。そこで作った曲を今、皆さんの前で演奏できて光栄に思います。そこで作ったインストの曲をやってよろしいでしょうか」
久野さん「企画名、「ハイムひろじ」にすればよかったね!」
三島くん「久野くんは思ったことすぐに言っちゃうよね」
久野さん「ちゃんと精査してるわ!」
三島くん「精査しててそれって…」
飯田さん「やめよう!楽屋のちょっとした喧嘩みたいになってるよ!」
久野さん「まぁ喧嘩売ってきたのは飯田だけどね」

水平線は夜動く
daybreak
君になりたい
ニトロ
シンガロングのところで三島くん「まだ大阪の方が大きいですね!!」

三島くん「えー、残りわずかとなってまいりました」
\えー!!/
三島くん「まぁ、そう言わせる流れにしましたからね。曲数も少ないから分かってると思いますが」
三島くん「これは各所で言っているのですが、僕はすごくナンバーガールが好きで、ナンバーガールが解散したのが2002年11月30日で、その時向井秀徳氏は29歳だったんですね。だから俺も29歳で解散させようと思ってたんですが、気づけば先人よりもアルバムを出してました。段々と欲が出るんですよ、もっとやりたいもっとやれるって。だから皆さん、これからもよろしくお願いします!」

三島くん「あとはもう打ち上がるだけでしょう!!いけますか皆さん!!!」
飯田さん「混ざっていけ!!」
Poltergeist
優しくしないで
KARAKURI
GATE
アウトロでオレンジキャビよじ登る辻くん


en.
久野さん1人で登場 プシュッ🍺
久野さん「今日はありがとうございます!古い曲をいっぱいやりましたけど、今の俺らでやるのが1番かっこいいと思ってるので、これからもよろしくお願いします!……こうしてみると身長差すごいね(三島マイクに合わせて中腰)しんどいんで自分のとこ帰ってもいいっすか」
飯田さん「今回のツアー、昔聴いててくれた人とか新しく好きになってくれた人とかの思い出を汚せないなって思うとすごく緊張しました。でもすごく楽しかったです!ありがとうございます!」

久野さん「ツアーファイナルだけど辻なんか言わなくていいの?」
飯田さん「言ったれ!!!」
三島くんのマイクで辻くん「あのぉ〜、最近ハマったんですよ、おぎやはぎのメガネびいき。あれ500回くらいやってて、今150?200?くらいを聞いてるんですけどぉ、あと300回も残ってると思うと幸せです!!」
飯田さん「この幸せ者め〜〜〜👈👈😊」
三島くん「最近皆さんは拍手が甘い!」
久野さん「MCに詰まったらとりあえず ありがとう! って言っとけばどうにかなるよね(笑)10年やってたらそんな技も身につきました!」
飯田さん「そうそう ありがとうございます!!(大声)」
三島くん「大声で笑いを取りに行くという」

久野さん「今の僕たちが1番かっこいいので、これからもよろしくお願いします!!」

エゴ



シネマの第二の地元名古屋でのファイナルって嬉しい

だっていつもzeppとかじゃん


最高最高ちょー楽しかったです♡